50歳で無職になった投資家blog

50歳以降は人生のボーナスタイム

【週末投資家】10月4日 日経平均がもう少し下げてくれればぜひとも買いを入れたい

こんばんは!ちぢれ麺です。

金曜日の日経平均株価は155円下げて、23,030円で終わっています。

  

先週末金曜日の中期ちぢれ麺指数ですが、先々週の金曜日9月25日の71.8%から26.9%低下して71.8%、長期ちぢれ麺指数は、同じく先々週の金曜日の55.1%から5.5%低下して49.6%です。ほぼ50%で中期的なモメンタムは中立と判断できそうです。

短期ちぢれ麺指数は、先々週の金曜日の47.3%から33.9%下がって13.4%です。

以前から報告していますが、通常であれば10%前後で過去に反発が多くみられ、一方で10%を大きく下回るとモメンタムに加速がついて大きく株価も低下することが見られます。

今回も、10%前後で反発するのでしょうか?それとも10%を大きく割って下げに加速がついてゆくのでしょうか?

 

ちぢれ麺指数とちぢれ麺新値銘柄数はオリジナルの指数です。東証一部の約2,000銘柄を対象として、ちぢれ麺指数は株価の勢い、モメンタムを示す指数で、ちぢれ麺新値銘柄数は独自に集計しなおした新値銘柄数です。概要欄に説明を記します。

f:id:chijiremen:20201004184000p:plain


9月30日木曜日の時点の松井証券ネットストック信用評価損益率は買い方の評価損率が-8.305%、売り方の評価損率が-16.998%でした。

過去のデータでは買い方と売り方の評価損益率が拮抗するー10%付近が、株価が反発するか、トレンドが転換するのか判断のポイントになるように見えます。

ただし、直近の8月にはー15%近いところで売り方と買い方が拮抗して株価が反発しています。

今回は、買い方の評価損率がー10%の時点で反発するのでしょうか?それとも8月と同様に売り方と買い方が拮抗してようやく反発するのでしょうか?

下げは限定的だと個人的に感じていますが、安全をとってゆったりといくならば、売り方と買い方が拮抗するのを待つのが良いかもしれません。

一方、機会を逃したくないのであれば、買い方の評価損益率がー10%で試しに小さく入っておくのもひとつかもしれません。

 

尚、先週末金曜日の最新の評価損益率は松井証券に口座をお持ちの方だけに公開されている情報ですので、ここでは公開できません。一営業日遅れでありますことにご注意ください。

f:id:chijiremen:20201004113041p:plain

 

米国版ちぢれ麺指数を表示します。

中期ちぢれ麺指数は先々週の33.26%から18.22%上昇して先週末は51.48%でした。

また短期ちぢれ麺指数は先々週の20.99%から35.64%上昇して先週末は56.63%です。

短期ちぢれ麺指数は10%付近で反発し、現在、中立の50%を少し上回って状況です。

中期ちぢれ麺指数も50%付近です。

 

f:id:chijiremen:20201004183433p:plain


ナスダック総合指数のちぢれ麺指数を表示します。

中期ちぢれ麺指数は先々週の28.48%から15.42%上昇して先週末は43.90%でした。

一方、短期ちぢれ麺指数は先々週の28.09%から30.48%上昇して先週末は58.57%です。

 

S&P500と同様に、短期・中期ともに50%付近です。 

f:id:chijiremen:20201004183754p:plain

 

ラッセル2000版ちぢれ麺指数を表示します。

中期ちぢれ麺指数は先々週の24.04%から16.27%上昇して先週末は40.31%でした。

一方、短期ちぢれ麺指数は先々週の19.10%から34.58%低下して先週末は53.68%です。

炭鉱のカナリアともよばれるラッセル2000に関して気になる点は、僕が一番信頼している中期ちぢれ麺指数が40%と中立の50%をやや下回っており、S&P500やナスダックと比べて弱い点です。

f:id:chijiremen:20201004183611p:plain

 

結論としましては、日本株はもう数日低空飛行が続くかもしれませんが、ちぢれ麺指数で10%前後、評価損益率が売り方と買い方が拮抗するようなことがあれば買いを入れたいと考えています。

 

 

本日は以上です。   

Youtubeもやっています。

https://www.youtube.com/channel/UCt1PwUTrsoReNg4veZsxzCA/videos

毎日の相場観について速報を公開していますので、こちらもよろしくお願い申し上げます!

f:id:chijiremen:20191105193245p:plain

沼生活 第2期【その1】悲報:リバウンドしました。第1週目5.3kg減!マッスルグリルの沼+オガトレ開脚ベター

前回までのあらすじ

50歳の大台に差し掛かったのをきっかけに肉体改造を一念発起しました。

マッスルグリルの沼った沼生活の2カ月で体重マイナス13kg、体脂肪率マイナス9%のダイエットに成功。

具体的には

1月30日体重70.5kg、体脂肪率22.8%

4月23日体重57.1kg、体脂肪率13.6%

 

肉体改造に成功して気を良くした僕は、その後、勢いに乗って実は禁煙に挑戦していました。

実はこの時にストレスからちょいちょい欲望に負けて食べ過ぎてしまい、リバウンドしてしまっていました。

体重71.4kg、体脂肪率22.9%、ほぼダイエット前と同じ数値 です。

 

禁煙のストレスも落ち着いてきましたので、再び沼生活を開始しましたことを報告します。

youtu.be

やったことは、まず3食すべてをマッスルグリルの沼に変えました。

ホールトマトとカレー粉にニンニクを加えたガーリックトマトカレー味が今週の僕の中ではヒットでしたので簡単に紹介します!

 

そして、前回と同じ筋トレに加えて、今回はオガトレの開脚ベターのストレッチを並行して行いました。

ただし、久しぶりの懸垂したとたんにいきなり初回から肩を痛めてしましたした!

初日に懸垂を5回しただけで激痛がはしるようになってしまいました。

 

もう若くはないので、久しぶりに筋トレするときはウォームアップをしっかり行う必要があることを思い知りました!

ですので実際のところは沼生活プラス毎日の開脚ベターだけでした。

 

そして第一週目の結果ですが

体重66.1kg、体脂肪率20.9%でした!

1週間で5.3kgダウン。体脂肪率2%のダウンでした。

 

筋を痛めた肩の回復に時間がかかりそうなことと、ストレッチにはダイエット効果もあるそうですので、回復するまでしばらくはマッスルグリルの沼+開脚ベターでどれくらいダイエット効果があるのか検証して報告してゆきます。

【週末投資家】#9月27日 米国市場はこのまま崩れていくのか?それとも底打ちするのか?

こんばんは!ちぢれ麺です。

金曜日の日経平均株価は117円上げて、23,205円で終わっています。

 

 

先週末金曜日の中期ちぢれ麺指数ですが、先々週の金曜日9月18日の82.7%から10.9%低下して71.8%、長期ちぢれ麺指数は、同じく先々週の金曜日の58.1%から3%低下して55.1%です。ともに50%を上回っており、基本、力を残しているように見えます。

短期ちぢれ麺指数は、先々週の金曜日の70.6%から23.3%下がって47.3%と、ほぼ50%付近で、短期的には中立といえそうです。

ちぢれ麺指数とちぢれ麺新値銘柄数はオリジナルの指数です。東証一部の約2,000銘柄を対象として、ちぢれ麺指数は株価の勢い、モメンタムを示す指数で、ちぢれ麺新値銘柄数は独自に集計しなおした新値銘柄数です。概要欄に説明を記します。

f:id:chijiremen:20200927182552p:plain

24日木曜日の時点の松井証券ネットストック信用評価損益率は買い方の評価損率が-7.293%、売り方の評価損率が-17.169%でした。

ちぢれ麺指数と同様、評価損益率も買い方優勢であること、そしてトレンドが転換する確率と継続する確率を比較すると継続する確率が高いことから、トレンドが転換する確信がもてるような他の指標が無い限りは、今買いポジションがあるなら維持すべきように見えます。

尚、先週末金曜日の最新の評価損益率は松井証券に口座をお持ちの方だけに公開されている情報ですので、ここでは公開できません。一営業日遅れでありますことにご注意ください。

f:id:chijiremen:20200927182843p:plain

 

米国版ちぢれ麺指数を表示します。

中期ちぢれ麺指数は先々週の51.58%から18.32%低下して先週末は33.26%でした。

また短期ちぢれ麺指数は先々週の39.88%から18.89%低下して先週末は20.99%です。

以前から、過去の短期ちぢれ麺指数が20%前後で目先の底を打つことが多くみられること、一方、10%を割ると逆に下げが加速する傾向がみられると報告しました。

先週の23日に一時10%をわり、週末に20%を回復している状況です。

 

この状況をどう判断すればよいでしょうか?

f:id:chijiremen:20200927171836p:plain


ナスダック総合指数のちぢれ麺指数を表示します。

中期ちぢれ麺指数は先々週の40.05%から11.57%低下して先週末は28.48%でした。

一方、短期ちぢれ麺指数は先々週の37.58%から9.49%低下して先週末は28.09%です。

 

S&P500の短期ちぢれ麺指数が一時10%を割るまで低下した一方で、ナスダックは20%付近で持ちこたえています。

 

f:id:chijiremen:20200927172814p:plain

 

ラッセル2000版ちぢれ麺指数を表示します。

中期ちぢれ麺指数は先々週の47.33%から23.29%低下して先週末は24.04%でした。

一方、短期ちぢれ麺指数は先々週の44.71%から25.61%低下して先週末は19.10%です。

炭鉱のカナリアともよばれるラッセル2000に関して気になる点は、僕が一番信頼している中期ちぢれ麺指数が先週20%まで低下したことです。

中期ちぢれ麺指数も過去、20%付近で反発することが良く見られました。今回もここから反発するのでしょうか?

f:id:chijiremen:20200927172130p:plain

 

結論としましては、先週の動画と同じになりますが、下げは限定的で、今週末から来週にかけて反発すると見ています。

そしてこれも先週の動画と同じになりますが、その後に再再度やってくる下げの時に中期ちぢれ麺指数がどのような動きをするのかに注目しています。

逆に、ここから下げて米国市場の中期ちぢれ麺指数が20%を割るようであるようなことがあれば、買い出動したいと考えています。

 

本日は以上です。 

Youtubeもやっています。

https://www.youtube.com/channel/UCt1PwUTrsoReNg4veZsxzCA/videos

毎日の相場観について速報を公開していますので、こちらもよろしくお願い申し上げます!

f:id:chijiremen:20191105193245p:plain

【週末投資家】#9月22日 ジム・ロジャーズ、コロ助ショック後の株価上昇は来年までに終わると予想

こんばんは!ちぢれ麺です。

金曜日の日経平均株価は41円上げて、23,360円で終わっています。

 

The Economic Timesでジム・ロジャーズが、コロ助ショック後の株価上昇が来年までに終わってしまうと予想していましたので、報告します。

続きを読む

【週末投資家】#9月13日 ナスダックは来週にも反発するか

こんばんは!ちぢれ麺です。

金曜日の日経平均株価は171円上げて、23,406円で終わっています。

 

先週末金曜日の中期ちぢれ麺指数ですが、先々週の金曜日9月4日の60.8%から13.2%上がって74.0%、長期ちぢれ麺指数は、同じく先々週の金曜日の38.9%から10.5%上がって49.4%です。

短期ちぢれ麺指数は、先々週の金曜日の42.0%から38.3%上がって80.3%です。

 

先々週の下落を受けて、一時は下落トレンド入りも心配されましたが、週末のちぢれ麺指数は力強さを示しています。

 

続きを読む

【奇跡の無料神アプリ】AtsueigoのATSUさんが2カ月で英単語4,000語を暗記した方法を50歳が試してみた結果!?   目標!英単語1万語暗記!!ニコチンとアル中ハイマーの50歳が2カ月で2千語の英単語を暗記できた!

長年、お酒とタバコで縮んでしまった脳みその50歳が30年ぶりに英語をやり直してみようと思い立ち、まずは単語の暗記から初めてみました。

結果は最後の方で詳しく報告しますが、約2カ月間で2千語の英単語を暗記できました。

参考にさせていただいたAtsueigoのATSUさんは2カ月で英単語4,000語を暗記したそうですので、その半分でしかないですが、自分では満足のいく結果でしたので皆さんに報告して共有したいと思います。

 まずはどうやって覚えたのか、使ったアプリを簡単に紹介します。

www.youtube.com

  続きを読む

【週末投資家】#9月7日 ナスダックの崩壊から米国市場は下落トレンド入りするのか

こんばんは!ちぢれ麺です。

金曜日の日経平均株価は260円下げて、23,205円で終わっています。

 

先週末金曜日の中期ちぢれ麺指数ですが、先々週の金曜日8月28日の59.4%から1.4%上がって60.8%、長期ちぢれ麺指数は、同じく先々週の金曜日の36.6%から2.3%上がって38.9%です。

短期ちぢれ麺指数は、先々週の金曜日の37.9%から4.1%上がって42.0%です。

ちぢれ麺新値銘柄数は前日の+142銘柄から218銘柄減って-76銘柄です。

 

先週の動画で日経平均が下落に転ずることはないと予想していることを報告しましたが週末ナスダックの下落に追随しました。

今後、米国市場は下落トレンド入りするのでしょうか?

続きを読む