50歳で無職になった投資家blog

50歳以降は人生のボーナスタイム

【週末投資家】#7月5日 都知事選後に動きがでるか?何のデータを信頼すれば良いのか?

こんばんは!ちぢれ麺です。

金曜日の日経平均株価は161円上げて、22,306円で終わっています。

 

先週の動画で、過去によくみられたパターンから200日線の22,000円を割るくらいで反発すると想定していることを報告しましたが、翌日の月曜日に21,969円で持ちこたえました。

25日ボリンジャーバンドスクイズしてきていることから来週から再来週にかけて動きが出るのではないかと考えています。

f:id:chijiremen:20200705174249p:plain

 

 

ここ数日で東京都のコロ助感染者数が100人を超え、にわかに第2波への警戒感が強まってきています。

この動画の製作中ではまだ都知事選の結果は出ていませんが、穿った見方ではありますが、とても興味深い記事がJBpressに掲載されていましたので共有します。

f:id:chijiremen:20200705180449p:plain
JBpressより引用(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/61162

 

伊東 乾(いとう けん)東京大学大学院情報学環准教授が作成された記事で、検査数とコロ助確認数の関係をグラフにしたもので、グラフの青い棒は「コロ助確認数」、銀色の棒が「検査数」です。

結論として

・検査数を増やせばコロ助数を増やすことができる

・政治的イベントの前日に検査数が増加している

・恣意的にコントロールされているのではないか、という疑念を、抱かざるを得ない

といった内容です。

実態がどうであるかを知る方法はありませんが、コロ助報道に振り回されることのないように注意したいと思います。

JBpressより引用(https://jbpress.ismedia.jp/articles/gallery/61162?photo=3

 

さて、先週末金曜日の中期ちぢれ麺指数ですが、先々週末6月26日の40%から16.7%下がって23.3%、長期ちぢれ麺指数は、同じく先々週末の34.7%から7.4%下がって27.3%です。

短期ちぢれ麺指数は、先々週末の54%から17.6%下がって36.4%です。

ちぢれ麺新値銘柄数は、前日の-481銘柄から316銘柄増えて-165銘柄です。

 

理想的な売りをかけるタイミングとして、モメンタムを失って燃料が切れたロケットが惰性で上昇しているような状況を待ちたいと以前から報告していますが、22,000円付近の直近のちぢれ麺指数を比較して、燃料切れをおこしつつあると個人的に感じています。

 

ですが、理想的な売りのタイミングとしては、23,000円前後からそれ以上で、かつちぢれ麺指数が50%以上になる状況を待ちたいと考えています。

 

ちぢれ麺指数とちぢれ麺新値銘柄数はオリジナルの指数です。東証一部の約2,000銘柄を対象として、ちぢれ麺指数は株価の勢い、モメンタムを示す指数で、ちぢれ麺新値銘柄数は独自に集計しなおした新値銘柄数です。概要欄に説明を記します。

f:id:chijiremen:20200705174852p:plain

2日木曜日の時点の松井証券ネットストック信用評価損益率は買い方の評価損率が-11.017%、売り方の評価損率が-14.495%でした。

売り方と買い方が過去に均衡してきたー10%ラインに買い方の評価損益率が達しています。

このライン上では、売り方と買い方が反発するのか交差するのか、判断の要所になりますが、トレンドは転換する確率よりも継続する確率の方が高いと考えたほうが無難ですし、中期ちぢれ麺指数が23.3%と低い水準まで下がってきていますので、パニック売りのような状況が発生しないことが前提ですが、来週下げても中期ちぢれ麺指数の通常の下限10%付近までと考えています。

尚、先週末金曜日の最新の評価損益率は松井証券に口座をお持ちの方だけに公開されている情報ですので、ここでは公開できません。一営業日遅れでありますことにご注意ください。

東京証券取引所の集計による空売り比率は41%と前日からー1.8%の低下でした。

f:id:chijiremen:20200705171556p:plain

 

 

先週末木曜日のS&P500は14.15ドル上がって3130.02 でした。高値で3,166ドルと抵抗線を抜ける場面もあったのですが、押し戻されて終わっています。

 

米国版ちぢれ麺指数を表示します。

先週木曜日2日の短期ちぢれ麺指数は38.61%、中期ちぢれ麺指数は67.92%と先週末から反発しています。

先週の動画で短期ちぢれ麺指数は通常であれば10%を下回ることなく反発する傾向があることから想定内の動きでした。

来週の節目としては、短期ちぢれ麺指数が50%近辺のあたり、そして直近高値の6月8日の3,200ドル付近に達したときにちぢれ麺指数がどのような数値を示すのかに注意しています。

f:id:chijiremen:20200705170320p:plain

 

 

結論としましては、来週から再来週にかけてのどこかで上方向への動きがあると想定しています。

 株価は勢いを失ってきているのは間違いないですが、現在はソフトランディングしていてむしろ上方向があるとみています。

 

本日は以上です。 

Youtubeもやっています。

https://www.youtube.com/channel/UCt1PwUTrsoReNg4veZsxzCA/videos

毎日の相場観について速報を公開していますので、こちらもよろしくお願い申し上げます!

f:id:chijiremen:20191105193245p:plain