50歳で無職になった投資家blog

50歳以降は人生のボーナスタイム

【週末投資家】#5月24日 ジム・ロジャーズ、先週の月曜日5/18に日本株を買ったよ

こんばんは!ちぢれ麺です。

金曜日の日経平均株価は164円下げて、20,388円で終わっています。

 

5月22日付けの日経ビジネスのWEB版で、『ジム・ロジャーズ 日本株を再び買い始めた』という記事を掲載されています。

この記事の中で、以前から買う買うといっていた日本株を5/18に買ったとジム・ロジャースさんが答えてます。

理由は

日銀が毎日株式を買っているからだ。私も同じようにしたほうがいいと思った。日銀は私よりもはるかにたくさん日本株を買っている。日銀が買い続けるなら、しばらく株価は上向くに違いない

日経ビジネスより引用(https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00087/052100044/?P=1

 

投資家ジム・ロジャーズ

PRESIDENT WOMANより引用(https://president.jp/articles/-/35211

これが本当であれば、買い出動が遅すぎるように思えるのですが、いかがでしょうか? 

また、『日銀が買い続けるなら、しばらく』の部分も気になります。

売ってくれる人がいるから日銀も買えるわけで、やはり売り方が焼かれつくすまでということでしょうか?

 

先週末金曜日の中期ちぢれ麺指数は、前日の77.4%から8.3%下がって69.1%、長期ちぢれ麺指数は、前日の25.8%から0.9%下がって24.9%です。

短期ちぢれ麺指数は前日の75.2%から30.5% 下がって44.7%です。

ちぢれ麺新値銘柄数は、前日の245銘柄から234銘柄減って11銘柄です。

 

ちぢれ麺指数とちぢれ麺新値銘柄数はオリジナルの指数です。東証一部の約2,000銘柄を対象として、ちぢれ麺指数は株価の勢い、モメンタムを示す指数で、ちぢれ麺新値銘柄数は独自に集計しなおした新値銘柄数です。概要欄に説明を記します。

f:id:chijiremen:20200524172745p:plain

5月21日木曜日の時点の松井証券ネットストック信用評価損益率は買い方の評価損率が-9.785%、売り方の評価損率が-12.464%でした。

尚、最新の先週末金曜日の評価損益率は松井証券に口座をお持ちの方だけに公開されている情報ですので、ここでは公開できません。一営業日遅れでありますことにご注意ください。

 買い方の評価損益率が、過去均衡してきたー10%付近に達すると同時に、売り方の評価損益が落ち込んでいます。

東京証券取引所の集計による空売り比率は42.6%と前日に比べて1.8%高い比率になっています。

f:id:chijiremen:20200524173344p:plain

 

先週末金曜日の予想EPSは先週月曜日の時点で550円まで下げていたのが急激に戻って922.54円です。

この予想EPSと先ほどのドル円レートとをかけあわせて算出される理論株価は15,687円で、日経平均株価の方が理論株価よりも、4,701円高くなっています。尚、予想PERは22.1倍まで低下してきました。 

予想EPSと株価の連動性が完全に切れてしまっており、原因はジム・ロジャーズさんの指摘する通り、日銀が買い続けることが織り込まれていることでしょう。

先が見通せるように落ち着くまで、理論株価は投資判断に使えるように機能しなさそうですね。

 

金曜日の時点でのbCAMの日経平均株価の予想変動範囲は上限✛2σで17,810円、下  限ー2σで13,767円と算出されています。

なお、この予想変動範囲は標準偏差の2σでありますことにご注意ください。

bcam(http://www.iisbcam.co.jp/standard)より引用

 

先週末金曜日のS&P500は6.94ドル上げて、2,955.45ドルでした。

 

 

米国版ちぢれ麺指数を表示します。

S&P500は直近の高値を4/29、5/8につけてもち合いに入っていたのが、先週末5/20に若干切り上げてきています。

短期ちぢれ麺指数は5/8に74.45、5/19に74.65とピーク値が横ばいです。

一方、中期ちぢれ麺指数は5/8に74.65、5/20に81.58とピーク値は株価と同様に切り上げてきています。

ちぢれ麺指数は短期よりも中期の方が信頼性が高いですので、来週は上げて来る可能性が高いと思う一方で、中期ちぢれ麺指数が過去ピークをつけてきた80ポイントを超えてきていますので頭打ちも近いように見ています。

 

f:id:chijiremen:20200524165253p:plain

 

米国の小型株指数であるラッセル2000のちぢれ麺指数を示します。

S&P500との違いは2018年末の世界同時株安前の水準を回復できていない点です。

S&P500とほぼ同様に短期ちぢれ麺指数はピーク値を切り下げ、中期ちぢれ麺指数は切り上がってきています。

ちぢれ麺指数は短期よりも中期の方が信頼性が高いので来週上げてくる可能性が高いように見えます。

f:id:chijiremen:20200524165307p:plain

 

結論としましては、先週の流れを受けて今週も上があると予想していますが、そこが頭打ちになるのではないかと見ています。

 本日は以上です。 

 

Youtubeもやっています。

https://www.youtube.com/channel/UCt1PwUTrsoReNg4veZsxzCA/videos

毎日の相場観について速報を公開していますので、こちらもよろしくお願い申し上げます!

f:id:chijiremen:20191105193245p:plain