50歳で無職になった投資家blog

50歳以降は人生のボーナスタイム

【今日の相場】#4月7日 含み損118万円 今後,株価が上昇するかはここを見る

こんばんは!ちぢれ麺です。

今日の日経平均株価は374円上げて、18,950円で終わっています。

日経平均株価の日足チャートを表示します。20日移動平均線を越えたところで終わっています。

昨日の動画で、20日移動平均線のある18,850円付近で現れる売り方を狩るためのダマシ上げ、恐らく19,000円台回復の上げがあるのではないかと報告しました。

実際、想定した通り19,000円を越えてきましたが、売り方を狩るためのダマシ上げというよりは、一般投資家は買い方として殺到していたように感じましたので、この点は考えを修正します。

 

それでも僕の判断としては、200日ボリンジャーバンドー2σに従ってバンドウォークするだろうという予測が基本ですが、今日のローソク足は上にも下にもヒゲをつけて拮抗していることを示しています。

昨日の動画では戻りを売るつもりと報告していましたが、詳細なタイミングにつきましては今日の動画の最後の方で報告します米国版ちぢれ麺指数のところで報告します。

f:id:chijiremen:20200407180637p:plain

 

本日の中期ちぢれ麺指数は前日の40.9%から19.5%上がって60.4%、長期ちぢれ麺指数も前日の11.5%から2.5%上がって14%です。

ちぢれ麺新値銘柄数は、前日の+4銘柄から108銘柄増えて+112銘柄です。

 

ちぢれ麺指数とちぢれ麺新値銘柄数はオリジナルの指数です。東証一部の約2,000銘柄を対象として、ちぢれ麺指数は株価の勢い、モメンタムを示す指数で、ちぢれ麺新値銘柄数は独自に集計しなおした新値銘柄数です。概要欄に説明を記します。

f:id:chijiremen:20200407191837p:plain

昨日の時点の松井証券ネットストック信用評価損益率は買い方の評価損率が-22.97%、売り方の評価損率が-4.908%でした。

本日の評価損益率は松井証券に口座をお持ちの方だけに公開されている情報ですので、ここでは公開できません。一営業日遅れでありますことにご注意ください。

昨日の時点で、売り方の評価損益率が通常の範囲内のー5%以下へ戻してきています。

このグラフを見て考えることは、売り増すのであればもう数日待って、-10%前後になるのを確認してからにしたいということです。

東京証券取引所の集計による空売り比率は44.1%と前日に比べて0.8%低い比率になっています。

f:id:chijiremen:20200407182623p:plain

 

ドル円レートは18時現在、108.90円です。


予想EPSは5.95円上げて1,501.60円です。

この予想EPSと先ほどのドル円レートとをかけあわせて算出される理論株価は18時現在、20,874円で、日経平均株価の方が理論株価よりも1,924円低くなっています。

 

昨日の時点でのbCAMの日経平均株価の予想変動範囲は上限✛2σで23,133円、下限ー2σで18,595円と算出されています。なお、この予想変動範囲は標準偏差の2σでありますことにご注意ください。

bcam(http://www.iisbcam.co.jp/standard)より引用

 

昨日のNYダウは、1627.46ドル上げて22,680ドルででした。

CME NYダウ先物は18時現在、ダウ比で423ドル上の23,103ドルです。

 

CNNが指標化して公表しているFear & Greed Indexは、前日の21ポイントから11ポイント上がって32ポイントです。

Fear & Greed Indexについての関連情報を概要欄に記しておきます。

f:id:chijiremen:20200407184302p:plain
CNN BUSINESS(https://money.cnn.com/data/fear-and-greed/)より引用

 

昨日の米国版ちぢれ麺指数を表示します。

中期ちぢれ麺指数が前日の4.76%から7.09%上がって11.85%、長期ちぢれ麺指数が前日の8.13%から4.91%上がって13.04%でした。

今日、僕が注意してみているのは青色の線の短期ちぢれ麺指数です。

短期ちぢれ麺指数は前日の33.13%から39%急上昇して72.13%となっています。

この短期ちぢれ麺指数は通常であれば80%程度で頭打ちします。ただし、株価の急落から一転して上昇相場へと相場が転換を示す際には90%を超える数値まで上昇する傾向があります。

この点から、ここ数日の内に頭打ちするであろう水準が80%前後であるのか、それとも90%を超えて95%に迫るのかに僕は注目しています。

具体的には、朝、NYの動きをチェックして頭打ちを確認してからエントリーします。

その際にはYouTubeコミュニティで報告します。

95%に迫るのであれば方針を変更しなくてはならないと考えているわけですが、基本的に買いに方針転換しないつもりです。

これは僕の考え方なのですが、ひとまず売りで取ると決めたら上げ相場であっても売りで取る。いかにして売りで取るかを考えた方が、売り買いの方向をたびたび変更するよりましな結果になったことを経験しているからです。

 

 

 

結論としましては、米国市場がどこで頭打ちするかを米国版ちぢれ麺指数をみて判断するということになります。

エントリーする場合はいつものようにYouTubeコミュニティで報告いたします。

 

 最後に成績を報告しておきます。

1570日経レバ 37株@21,560円 評価損益̠-287,040円(-35.98%)

1570日経レバ 153株@19,520円 評価損益̠-867,517円(-29.04%)

1357日経Dインバ 3,175株@1,179円 評価損益-23,772(-0.63%)

 

本日は以上です。 

 

Youtubeもやっています。

https://www.youtube.com/channel/UCt1PwUTrsoReNg4veZsxzCA/videos

毎日の相場観について速報を公開していますので、こちらもよろしくお願い申し上げます!

f:id:chijiremen:20191105193245p:plain