50歳で無職になった投資家blog

50歳以降は人生のボーナスタイム

【今日の相場】#3月24日朝 「ヘリコプターマネー」ヘッジファンドの帝王レイ・ダリオ氏の分析 #株式投資 #日経平均

おはようございます!ちぢれ麺です。

 

フランスのAFP通信から、コロ助による景気後退が09年以上の規模になる恐れがあるとIMFが警告していることを報じています。

f:id:chijiremen:20200324090259p:plain

AFP通信より引用(https://www.afpbb.com/articles/-/3274891

 

共同通信社から、新興国から大量の資金が流出し、米ドルに殺到する動きが加速しており、国際金融協会(IIF)はすでに資金流出規模が2008年のリーマン・ショック時の2倍に達していると指摘しているとの報道がありました。

新興国が財政危機に陥る可能性もあるとのことです。

f:id:chijiremen:20200324090927p:plain

共同通信社より引用(https://this.kiji.is/614703069261677665?c=39550187727945729) 

 

またBloombergが、欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバーのバイトマンドイツ連邦銀行総裁がドイツのリセッションは「今や避けられない」との認識と報じています。

f:id:chijiremen:20200324100138p:plain

Bloombergより引用(https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-03-22/Q7M7E1T0AFBD01) 

 

世界最大のヘッジファンドの創業者でヘッジファンドの帝王との異名をとるレイ・ダリオ氏が自身の考えをSNSで語っています。

1.コロ助の健康、経済、および市場への影響は、ほとんどの人が現在伝えているものよりもはるかに大きい。

2.財政政策立案者は、「ヘリコプターマネー」として数兆ドルの膨大な量の支出と分配を行わなければならない。

3.財政政策立案者は、その資金の貸し手が誰もいないので金利上昇を容認するか、中央銀行が金を印刷して戦時のように金利を抑えるために多くの政府債務を買ってもらうか選択しなければならない。

4.今、全員が中央銀行に注目して、そうするかどうかを確認しようとしている。

ここからは僕が感じたことですが、「ヘリコプターマネー」という表現を使っていることから、相当な額と強烈な戻りを連想してしまいます。

そして、ほとんどの人が考えているようにコロ助の終息と同時に自立反転できるものではなく、反転のタイミングは財政政策立案者が中央銀行に政府債務を買わせることを決めた時と受け止めました。

f:id:chijiremen:20200324092322p:plain

Linked inより引用(https://www.linkedin.com/pulse/how-do-you-know-whats-true-facts-rumors-panics-ray-dalio/

 

f:id:chijiremen:20200324092140p:plain

ZUUonlineより引用(https://zuuonline.com/archives/185456

 

尚、ヘッジファンド全体の投資収益はマイナス20%と過去最悪に落ち込んだリーマンショック時でも運用成績を約12%のプラスにしたレイ・ダリオ氏ですが、厳密な数値では無いとしながらもファンドが10%から20%の損失を受けていることをSNSで明かしています。

f:id:chijiremen:20200324095859p:plain

 Linked inより引用(https://www.linkedin.com/pulse/our-performance-ray-dalio/

 

昨日のNYダウは582.05ドル下がって、18,591.94ドルで終わっています。

CME NYダウ先物は9時現在、ダウ比で273ドル上の18,865ドルです。

 

9時現在のドル円レートは110.84円です。

 

CNNが指標化して公表しているFear & Greed Indexは前日の8ポイントから3ポイント低下して5ポイントです。

 

Fear & Greed Indexについての関連情報を概要欄に記しておきます。

f:id:chijiremen:20200324085833p:plain

f:id:chijiremen:20200324085948p:plain
CNN BUSINESS(https://money.cnn.com/data/fear-and-greed/)より引用

 

VIX(恐怖指数)は、前日の清算値から4.45ポイント下の61.59ポイントと、比較的高い水準にとどまっています。

 

昨日の米国版ちぢれ麺指数を表示します。

中期ちぢれ麺指数が前日の1.18%から変わらず、長期ちぢれ麺指数が前日の2.97%から0.2%下がって2.77%でした。

 

 

今朝は以上です。

ではまた、夕方にお会いしましょう!

 

Youtubeもやっています。

https://www.youtube.com/channel/UCt1PwUTrsoReNg4veZsxzCA/videos

毎日の相場観について速報を公開していますので、こちらもよろしくお願い申し上げます!

f:id:chijiremen:20191105193245p:plain