50歳で無職になった投資家blog

50歳以降は人生のボーナスタイム

【今日の株式市場】#1月20日 レンジブレイクの前にもう一度、ふるい落としがあるように思う

こんばんは!ちぢれ麺です。

今日の日経平均株価は42円上げて24,084円で終わっています。

 

直近の日経平均株価の日足チャートを示します。

25日ボリンジャーバンド2σを赤色の線で、200日ボリンジャーバンド2σを黄色の線で描画しています。

以前から報告していました上限24,091円、下限23,810円のレンジ内の上限付近で、200日ボリンジャーバンド2σの上で星になっています。

 もう一度下に、25日線付近まで、振り落としをかけてくるのではないかと報告していましたが、200日ボリンジャーバンドを見ている人が僕が思っていた以上に多いのかもせれません。

しかし、それでも僕は、やはりもう一度25日線まで振ってふるい落としをかけてくると思えてなりません。理由は2018年の1月、10月にブレイクが不発に終わっていることから、相当にエネルギーを貯めないと、24,000円を越えてバンドウォークに入れないように感じているからです。

f:id:chijiremen:20200120170538p:plain

 

日経平均の長期の日足を表示します。

以前から200日ボリンジャーバンドを突き抜けている状況は、年に1度あるかどうかの異例な状況です。そして今回は2017年末のようにバンドウォークした後に巻き戻しが入ると予想しています。

この巻き戻しに入る転換点を見逃さずに報告したいと思います。

f:id:chijiremen:20200120171326p:plain

 

本日の中期ちぢれ麺指数は先週末から8.0%上がって45.3%、長期ちぢれ麺指数も先週末から2.5%上がって72.7%です。

ちぢれ麺新値銘柄数は先週末の-25銘柄から201銘柄増えて176銘柄です。 

ちぢれ麺指数とちぢれ麺新値銘柄数はオリジナルの指数です。東証一部の約2,000銘柄を対象として、ちぢれ麺指数は株価の勢い、モメンタムを示す指数で、ちぢれ麺新値銘柄数は独自に集計しなおした新値銘柄数です。概要欄に説明を記します。

f:id:chijiremen:20200120191318p:plain

 

 先週末の時点の松井証券ネットストック信用評価損益率は買い方の評価損率が-5.993%、売り方の評価損率が-14.904%でした。一日遅れでありますことにご注意ください。

東京証券取引所の集計による空売り比率は39.8%と前日に比べて3.5%低い比率でした。

f:id:chijiremen:20200120172842p:plain

 

17時30分現在のドル円レートは110.15円です。110円付近でもみ合いとなっています。

f:id:chijiremen:20200120173500p:plain


予想EPSは先週末から3.90円下がって、1,650.69円です。

予想EPSとドル円レートとをかけあわせて算出される理論株価は先週末から39円下がって17時30分現在で22,311円です。

理論株価よりも日経平均株価の方が1,773円高くなっています。

毎回の繰り返しになりますが、今後、日経平均株価が本格的に上昇相場にのるためには、予想EPSの底打ち反転がなくてはならないと考えていますが、昨年の12月14日に公開しました動画【週末投資家】で、既に日本は景気後退の入り口にあると報告しましたように、EPSの反転は先になるのではないかと僕は考えております。

予想EPSの動きを今後も注意して観察してゆきます。 

なお、bCAMの日経平均の変動範囲は標準偏差の1σと2σでありますことにご注意ください。この標準偏差に従いますと上限✛2σで24,762円、下限ー2σで20,098円と算出されています。

f:id:chijiremen:20200117195309p:plain

f:id:chijiremen:20200117195431p:plain

 bcam(http://www.iisbcam.co.jp/standard)より引用

 

先週末のNYダウは、50.46ドル上げて29,348.11 ドルと史上最高値を更新しました。

CME NYダウ先物は17時30分現在、ダウ比で105ドル下の29,243ドルです。

SP500、ナスダックともにダウ同様、3指数揃って史上最高値を更新しています。

 

ダウ

f:id:chijiremen:20200120150431p:plain


SP500

f:id:chijiremen:20200120150557p:plain

 

ナスダック総合指数

f:id:chijiremen:20200120150704p:plain

 

VIX(恐怖指数)は17時30分現在、前日の清算値から0.22ポイント下の12.10ポイントです。VIXは通常10~20程度で推移します。

f:id:chijiremen:20200120173949p:plain


先週末の米国の小型株指数ラッセル2000は5.58ドル下がって1699.64ドルでした。前日を上回って始まりましたが、終値で下げて終わっています。

株式市場に資金が流入してきているかどうかを、小型株市場のラッセル2000が高値を更新し続けるかどうかで僕は判断しています。

炭鉱のカナリアとも呼ばれるラッセル2000は暴落の予兆を示唆する指標といわれますので、このままラッセル2000が上昇トレンドを維持できるかどうかが注目ポイントと考えております。

ラッセル2000がなぜ炭鉱のカナリアと呼ばれているのかにつきましては概要欄に記しておきます。

f:id:chijiremen:20200120151139p:plain

本日は以上です。

 

Youtubeもやっています。

https://www.youtube.com/channel/UCt1PwUTrsoReNg4veZsxzCA/videos

毎日の相場観について速報を公開していますので、こちらもよろしくお願い申し上げます!

f:id:chijiremen:20191105193245p:plain